阪神の開幕ローテーション投手陣(2011年〜2020年)

開幕ローテ投手陣を振り返る(2011年〜2020年シーズン)

2011年から2020年シーズンまでの開幕ローテ投手陣を一覧にしてみました。

ここでは開幕から第6戦までに先発したピッチャーを開幕ローテとしています。

 

阪神の開幕ローテ(2011年〜2020年)

2011年2012年2013年2014年2015年
1能見能見メッセンジャー能見メッセンジャー
2スタンリッジスタンリッジ岩田メッセンジャー岩田
3岩田岩田藤浪榎田藤浪
4久保メッセンジャー能見藤浪能見
5メッセンジャー安藤スタンリッジ岩崎岩本
6下柳(能見)榎田(能見)岩崎
2016年2017年2018年2019年2020年
1メッセンジャーメッセンジャーメッセンジャーメッセンジャー西
2能見岩貞藤浪岩貞岩貞
3藤川能見秋山西ガルシア
4藤浪藤浪小野ガルシア青柳
5岩田秋山(メッセンジャー)青柳ガンケル
6(メッセンジャー)(メッセンジャー)(藤浪)浜地秋山

二回り目の投手は( )で表示。
2018年は開幕後に雨で順延となった試合があり二回り目が多くなっている。

 

メッセンジャー、能見の後を継いでいる西、その後に青柳が続く

阪神の開幕ローテにはメッセンジャー能見が何年も連続で名を連ねていましたが、昨シーズン(2020年)はメッセンジャーも能見もいないローテとなりました。

 

阪神ローテ陣にとって時代の変わり目ですね。
その中心が西(勇輝)です。

 

西の成績
  • 2019年が、10勝8敗 防御率2.92(172.1イニング)
  • 2020年が、11勝5敗 防御率2.26(147.2イニング)

とローテーションの軸としてキッチリ数字も残してくれています。
この西と同じタイミングでローテに定着した青柳晃洋もなかなかの成績です。

 

青柳の成績
  • 2019年が、9勝9敗 防御率3.14(143.1イニング)
  • 2020年が、7勝9敗 防御率3.36(120.2イニング)

二年連続でいい成績を残せない選手が多い中、青柳のこの数字は立派です。

 

2021年の青柳に期待

プロ野球では「3年続けて結果を残して一流」と言われます。
その意味では青柳が一流になれるかの分岐点が2021年シーズンです。

 

今シーズンは新外国人選手や藤浪の復活など先発ローテ争いが厳しくなりそうです。
その中で一流にリーチをかけている青柳に期待しましょう。

 

阪神の開幕スタメンに関する関連記事

阪神ファンなら持っておきたい!

page top