佐藤輝明のホームラン数と年間本塁打数ペース

佐藤輝明のホームラン数と年間ペースをグラフ化

5月4日に神宮球場でレフトに2試合連発の第9号。年間42本ペースです。
現時点でのセ・リーグ本塁打王の村上、山田にも1本差となりました。

 

5月2日甲子園で野村(広島)から満塁ホームランを打ちました。
初めて4番に座った試合でホームラン。しかも逆転満塁弾って「持ってますね〜」。

 

これが第8号で年間38本ペースです。
阪神佐藤輝明のホームランペース

(このページとグラフは定期的に更新予定です)

 

佐藤輝明はどこまで?年間本塁打記録

本塁打数記録選手名球団達成年
60本シーズン歴代最多バレンティンヤクルト2013年
54本阪神の選手での歴代最多バース阪神1985年
48本阪神の日本人選手での歴代最多掛布雅之阪神1979年
31本新人の歴代最多桑田武大洋1959年
31本新人の歴代最多清原和博西武1986年
25本新人(大卒)の歴代最多村田修一横浜2003年
22本阪神の新人の歴代最多田淵幸一阪神1969年

ここまで新人選手の歴代最多を超えるペースで打っています。

 

 

 

(以下、過去の更新時)
4月27日バンテリンドームで7本目のホームランを大野から打ちました。
2試合連続です。年間39本ペースにアップ。

 

4月25日の甲子園で6本目のホームランが出ました。
これで通算6本。25試合出場で6本なので年間143試合で換算すると年間34本のペースです。

 

4月21日終了時点での佐藤輝明の本塁打数は5本。21試合の出場で5本のホームランを打っているので、年間143試合で換算すると年間34本のペースになっています。

 

 

サトテルのホームランは横浜での場外(鳩サブレ越え)だけでなく、いずれも「打った瞬間」という当たりばかりなので、見ていて気持ちいいですよね。

 

そんな気持ちいい当たりがあと何本出るのか?
あと何本、ファンを爽快な気持ちにさせてくれるのか。

 

阪神ファンとしてこんな楽しみなことはありません。
1年目でコレですからね。スゴイとしか言いようがない。

 

そこで、昨年のセ・リーグ本塁打数トップ3ともホームランのペースを比較してみました。

 

佐藤輝の本塁打数を大山、岡本(巨)、村上(ヤ)と比較

阪神佐藤輝明の年間ホームラン数ペースを大山、岡本、村上と比較
31試合終了時点で昨年の大山と村上を上回るペースです。

 

2020年シーズンは120試合制で岡本選手(巨人)が年間31本で本塁打王になりました。
大山28本。シーズン前半はスタメンで出場できなかったことを考慮するとこれも立派。

 

今シーズン(2021年)はヤクルトの村上選手がハイペースで本塁打を打っています。
ただ、佐藤輝明もなかなか。昨シーズンの村上を上回るペースです。

 

まだシーズンは始まったばかりですが、何度か対戦を重ねてサトテルが投手の球筋や相手バッテリーの配球に慣れてくると…。楽しみが広がりますね。

 

サトテル関連記事

阪神ファンなら持っておきたい!

page top