阪神江越の三振率ってどのぐらい?

江越はどのぐらい三振してる?

身体能力バツグンで守備走塁は文句なし、ボールを遠くに飛ばせる能力もあるが、バットにボールが当たらない…。なんとももどかしいですが、応援したくなるんですよね江越って。

 

今年こそ!江越覚醒
そんな夢を毎年見てますが、現実を見つめ直しましょう。

 

江越の通算三振率は38.3%

2020年シーズン終了時点まででの江越の一軍での通算三振率(打席数に占める三振数の割合)は38.3%です(約2.6打席に1回の割合で三振しています)。

 

通算480打席で三振数は184個。
ヒットは84本で三振の半分以下です。

 

年度別に見るとこんな感じ。

年度打席数三振数安打数三振率打率三振/安打
2015176643636.4%.2141.8
2016217784035.9%.2092.0
2017185127.8%.0775.0
20184022655.0%.1503.7
2019169156.3%.0679.0
2020136046.2%.000---
通算4801848438.3%.1922.2

やはり、三振率率は最初から高かったんですね。
安打数より三振数が多いのも毎シーズンのこと。

 

2018年なんて打席数の半分以上が三振。野手では、めったにない数字です。
他の野手の三振率と比べてみると、そのちがいがよくわかります。

 

セ・リーグ打者の三振率(2020年)

100打席以上で三振率が高い上位3選手(2020年)
選手(球団)打席数三振数安打数三振率打率三振/安打
大盛穂(広)148503533.8%.2591.4
廣岡大志(ヤ)142432630.3%.2151.7
濱田太貴(ヤ)105302028.6%.2001.5

大盛穂(広)は2018年の育成ドラフト1位で入団した外野手。
1軍デビューとなった2020年の成績が上記の数値です。

 

江越のほうが三振率が高いんですね。

 

100打席以上で三振率が低い上位3選手(2020年)
選手(球団)打席数三振数安打数三振率打率三振/安打
宮ア敏郎(De)460291296.3%.3010.2
大島洋平(中)525511469.7%.3160.3
ビシエド(中)4624810910.4%.2670.4

三振率が少ないのはDeNAの宮ア敏郎で6.3%。
15.8打席に1回しか三振しません。2.6打席に1回の江越とは真逆の選手が宮崎というわけです。

 

阪神の主な選手の三振率(2020年)
選手打席数三振数安打数三振率打率三振/安打
大山悠輔4719612220.4%.2880.8
近本光司5196113911.8%.2930.4
小幡竜平134372827.6%.2201.3
ボーア379888023.2%.2431.1
江越大賀136046.2%.000---
江越(通算)4801848438.3%.1922.2

ボーアってそんなに三振率は高くなかったんですね。
一方、2020年は打席数が少なかったとはいえ江越は高いですね。

 

すり足打法でバットに当たるか?

2021年のキャンプでは、すり足打法を試すなど打撃フォームの試行錯誤が続く江越。
今年こそ!覚醒した江越が見たい!

 

プロ野球がファンに夢を与える商売なら、江越の覚醒ほど大きな夢はありませんよね。
ファンとしては、その日を楽しみに待ちましょう!

阪神ファンなら持っておきたい!

page top