阪神が優勝できない原因は?2005年とチーム力を比較

最後に優勝した2005年と何がが違うのかチーム力を比較

阪神が最後に優勝したのは岡田監督時代の2005年シーズンです。このときと比べて投手力、守備力、攻撃力の何が違うのか?

 

優勝できない原因を2020年シーズンの成績で比べてみました。

 

対巨人の成績が貯金6:借金8

2005年と2020年の勝敗表がコチラ。

2005年貯金2020年貯金
通算87勝54敗5分3360勝53敗7分7
ホーム42勝26敗5分1637勝19敗4分18
ロード45勝28敗1723勝34敗3分-11
巨人14勝 8敗6 8勝16敗-8
中日11勝11敗014勝10敗4
横浜13勝 6敗3分712勝 9敗3分3
広島16勝 6敗1013勝 8敗3分5
ヤクルト12勝10敗213勝10敗1分3
交流戦21勝13敗2分8

やはり大きく違うのは巨人戦の成績。

 

2005年は14勝8敗で貯金が6つありましたが、2020年は8つの負け越しです。
ちなみに、2005年の巨人はセ・リーグ5位。2位は中日でした。

 

ホーム試合での勝ち越しは2020年のほうが多いんですね。
これは意外。優勝した2005年より2020年のほうが貯金をつくってました。

 

2005年と2020年のセ・リーグ順位と監督
2005年監督2020年監督
1位阪神岡田彰布巨人原辰徳
2位中日落合博満阪神矢野燿大
3位横浜牛島和彦中日与田剛
4位ヤクルト若松勉横浜ラミレス
5位巨人堀内恒夫広島佐々岡真司
6位広島山本浩二ヤクルト高津臣吾

2005年の岡田監督と落合監督(中日)はともに就任2年目のシーズンでした。

 

2005年と2020年の阪神開幕スタメン
2005年2020年
1番(中)赤星(右)糸井
2番(二)藤本(中)近本
3番(一)シーツ(三)マルテ
4番(左)金本(一)ボーア
5番(三)今岡(左)福留
6番(右)スペンサー(二)糸原
7番(遊)鳥谷(遊)木浪
8番(捕)矢野(捕)梅野
9番(投)井川(投)西(勇)

スタメン野手8人の内訳が生え抜き4人移籍組2人外国人2人というのは共通しています。

 

2005年の開幕ローテは、6戦目までで井川→福原→能見→下柳→太陽→(井川)。
2020年は、西(勇)→岩貞→ガルシア→青柳→ガンケル→秋山でした。

2005年の太陽は藤田太陽のことです。

 

2005年は打点、出塁率がリーグ1位、2020年は盗塁、犠打がリーグ1位

打率本塁打打点盗塁犠打犠飛長打率出塁率
2005年.274140703788536.412.345
(順位)34124221
2020年.246110472808623.381.321
(順位)54411444

2005年は、出塁率打点がリーグ1位。よく塁に出て、打者がキッチリ還していたんですね。
2020年は、盗塁、犠打が1位なのでつなぐ野球は出来ています。

 

2005年はホールドがリーグ1位、セーブは2020年が上回る

防御率セーブホールドHP完投無四球
2005年3.24291041271116
(順位)151141
2020年3.353080100812
(順位)225521

優勝した2005年は投手陣の指標でリーグ1位が多いのですが、セーブは5位、完投は4位。
2005年は中継ぎ陣が優秀だったため、完投する必要がなかったことも影響してます。

 

反対に2020年はこのセーブと完投でリーグ2位の好成績になっています。

 

エラーは優勝した2005年も多かった

守備率失策捕逸刺殺捕殺
2005年.98770939791533
(順位)55514
2020年.98285331631365
(順位)66151

エラーの多さが優勝できない原因と言われますが、優勝した2005年も失策数、捕逸数とも多くリーグ5位(2番目にエラーが多い)でした。

 

 

 

優勝した年でもエラーが多かったように、すべての指標が良くなければ優勝できないわけではありません。悪いところがひとつあると、必要以上に注目されてしまうのが人気球団の宿命ですが、ファンとしてはそれに惑わされずに阪神を応援しましょう。

阪神ファンなら持っておきたい!

page top